テラスエナジーの総合VPPプラットフォームサービス ReEraで始めるVPP ReEraでエネルギーリソースを統合制御し、
新たな収益源を確保しませんか?

ReEraとは?

需要家側アグリゲーターと再生可能エネルギーアグリゲーターが
利用可能な機能群を持つ総合VPPプラットフォームサービスです。

  • ※1需要家側アグリゲーター:蓄電池や自家発電設備など需要家側エネルギーリソースを統合制御し、ディマンドリスポンス(以下、「DR」)などエネルギーサービスを提供する事業者
  • ※2再生可能エネルギーアグリゲーター(以下、「再エネアグリゲーター」) :再生可能エネルギー発電所や当該設備に併設される蓄電池を制御することで、発電インバランス回避や最適取引等のサービスを提供する事業者
  • *入札や計画提出対応はReEraで提供するサービスの対象外です。入札や計画提出は発電事業者や小売電気事業者のシステムを通じて行う場合があります。

VPPとは?

VPP(Virtual Power Plant)とは、自然エネルギー発電所をはじめとする分散電源や蓄電池・EV・ヒートポンプなどをIoTで管理することにより、一つの発電所のように制御して系統に調整力を提供するソリューションです。テラスエナジーでは、経済産業省より間接補助事業者として採択を受けて実証事業を実施しております。

ReEraが実現する
3つのポイント

  • Point01

    多様な目的に対応

    再エネアグリゲーターと需要家側アグリゲーターの双方に対して多様な目的に合わせたシステム構成が実現可能。

  • Point02

    マルチリソース

    需要家側エネルギーリソース/発電設備の統合制御が可能。

  • Point03

    実績/サポート

    実証における制御実績や商用販売実績に基づきVPP事業をサポート。

ReEraに関するお問い合わせはこちら

こんなことで
悩んでいませんか?

  • 計画値同時同量対策としてVPP事業を行いたい

    計画値同時同量対策として
    VPP事業を行いたい

    2022年度からのインバランス制度改定
    に伴い、VPPやDRを自社の需給管理
    フローに組み込みたい

  • 市場価格高騰対策を行いたい

    市場価格高騰対策を
    行いたい

    蓄電池や自家発電設備等の需要家側
    エネルギーリソースを活用した
    市場価格高騰対策を検討している

  • 蓄電池や自家発電設備等に対するサービス提供をしたい

    蓄電池や自家発電設備等に
    対するサービス提供をしたい

    需要家側の蓄電池や自家発電設備
    などのエネルギーリソースを活用した
    電源Ⅰ'や電力卸市場等への入札を通じ
    アグリゲーションサービスを提供したい

そのお悩み、
ReEraが解決します

ReEraについて

ReEraは、蓄電設備や需要家側エネルギーリソースを統合制御してDRを提供する需要家側アグリゲーターと、
FIP制度など新しい制度の下で太陽光発電設備や蓄電設備などを統合制御し、
発電インバランスの回避や各種電力市場での最適取引等のサービスを行う再エネアグリゲーターが
利用可能な機能群を持つ総合VPPプラットフォームサービスです。

需要家側アグリゲーター向け機能

01

電源Ⅰ'機能

調整力公募電源Ⅰ'において、一般送配電事業者からの発動指令に基づき、契約対象の電源を制御するための
機能です。(容量市場発動指令電源対応機能として改修予定)

メリット

発動指令に対応したDR実施により、供給電力(kW)と供給電力量(kWh)に応じた報酬を受領可能

電源Ⅰ'機能
02

電力量取引機能

小売電気事業者が計画値最適化・収益最大化のために自社の需要家からDRを調達する機能です。

メリット

小売電気事業者はDRにより、調達コスト低減を実現

電力量取引機能
03

需要側ESSマルチユース制御機能

需要側に設置される太陽光発電設備や蓄電池向けに、機械学習モデルや統計モデルによる各種予測技術と、経済効果を最大化させるマルチユース制御技術をパッケージ化した機能です。

メリット

最適制御により、小売電気事業者の調達コスト削減需要家の電気料金削減を両立

需要側ESSマルチユース制御機能

再エネアグリゲーター向け機能

04

発電バランシンググループ運用機能

発電側に設置される太陽光発電設備や蓄電池向けに、機械学習モデルや統計モデルによる各種予測技術と、経済効果を最大化させるマルチユース制御技術をパッケージ化した機能です。

メリット

最適制御により、インバランス最小化市場収益の最大化を実現

発電バランシンググループ運用機能

ReEraにより
実現できること

Point01

多様な目的に対応

多様な目的に対応

多様な目的に合わせたシステム構成を実現可能

需要家側アグリゲーター向けの機能と、再エネアグリゲーター向けの機能の組み合わせにより、多様な制御目的に応じた最適なサービスを提案します。

Point02

マルチリソース対応

マルチリソース対応

多様なリソースの統合制御が可能

事業所などに設置される自家発電設備や蓄電池等の需要家側エネルギーリソースに加え、再生可能エネルギー発電設備や系統に併設される蓄電池の統合制御が可能です。

Point03

実績/サポート

実績/サポート

多様な制御実績に基づく事業化支援

VPP構築実証事業や再生可能エネルギーアグリゲーション実証を通じて培った多様な実績に基づき、お客さまのVPP事業を最適にサポートします。

ReEraに関するお問い合わせはこちら

ReEra導入までの流れ

01

お問い合わせ

お問い合わせいただいたご連絡先へ、テラスエナジー担当者からサービスの詳細について連絡差し上げます。

02

ヒアリング

ReEraで想定されている事業モデルや制御対象リソースのご希望条件に応じて、最適なサービスを提案します。

03

お見積り

ご希望を反映した提供内容に応じたお見積額と契約条件をお知らせします。

04

ご契約

契約内容の詳細をお客さまにご確認いただいた上で、契約を行います。

ReEraに関するお問い合わせはこちら

よくあるご質問

QReEraを利用するために機器等を設置する必要はありますか?また、機器設置にあたり停電の必要はありますか?
A設置に際しては、担当者が現地の状況などを確認した上で設置条件の説明と設置方法の提案を行います。また、原則として設置工事の実施時に停電の必要はありません。
Qゲートウェイ機器の設置は必須でしょうか?
A機器の機能や制御対象リソースによっては、ゲートウェイ機器の設置が必須ではない場合がありますので、まずはお問い合わせを通じて機器の設置環境などをお知らせください。
QReEraで見える化や自動制御できる設備やメーカーに制約はありますか?
AReEra指定の設備、メーカーはありませんが、お客さまがご利用予定の機能や制御対象リソースによって条件が異なります。まずはお問い合わせを通じて機器の設置環境などをお知らせください。
QReEraの利用方法を教えてください。
Aインターネット経由でクラウドサーバー上のソフトウェアにアクセスするSaaS(Software as a Service)形式でご利用いただけます。
Q予測機能単体での利用は可能ですか?
A可能です。
ReEraに関するお問い合わせはこちら